MENU

子宮頸がん偽陽性(クラスVa)からの改善

これは、私が勝手に実感しているだけで、田七人参が良かったかどうかはわかりません。
実際に、他にも健康のために飲んでいるサプリメントもありますし、効果を実証はできませんので、あくまでも個人的な仮説だということをご了承下さい。

 

私は、4年前に受けた、区の子宮がん検診で、クラスVaが出て精密検査となってしまいました。
そこからは、地元の婦人科ではなく、都内の病院での精密検査、いわゆる「コルポ診」「組織診」を受けることに。

 

クラスVaというのは、詳しい方もいらっしゃると思いますが、「軽度から中度の異形成細胞あり」という状態です。
「前がん段階」とは違うので、決してガンになる前というわけでなく、この細胞が悪くなってがんになる可能性があるというだけです。
この診断をされても、びっくりしないようにと、先生に言われていました。
自然に細胞が良くなったり、悪い細胞が消える人も多い状態です。

 

ただ、その細胞が子宮頸がんになる可能性もゼロではありませんので、私の場合は、4ヶ月に一度の組織診となりました。

 

その4ヶ月に一度の組織診を昨年冬に受けたのですが、異形成状態クラスVaが消えていました。
普通の区の子宮頸がん検診に戻していいと言われまして、先月子宮がん検診を受けに行きましたが、
今のところ病院からの呼び出しはないので、多分陰性に戻ったのだと思います。

 

一つの細胞が、がんになるのか、ならないのか、それは、やっぱり不安なことです。
私の場合のクラスVa、ASC‐Hという診断は、決して「がん」ではないとは説明されていましたけれど、
常に、自分は子宮がんになってしまうのかもしれないという気持ちは頭から離れませんでした。

 

色んな文献読んだり、インターネットの情報を調べたりしていると、

 

「免疫をあげて暮らしたほうがいい。心配しすぎないように」という言葉が目に入りました。

 

 

もしかしたら、田七人参が、私の免疫を上げてくれたのかなと、自分ではそう思っています。

 

この一年半、風邪も引いてませんし、インフルエンザにもかかっていませんから、やっぱり免疫があがったんだという実感はあります。
なので、自分は他のサプリは辞めても、白井田七だけは飲み続けようと思っています。

 

 

>>世界一厳しい有機栽培認証「IFORM」取得済みの田七人参 「白井田七」お得にかうならこちら<<